大人のイジメ顔負け

昨今非常に大きな問題になっているのが、イジメの問題です。イジメといえば主に幼子の人前の中で掛かる事態と思われがちですが、実は大人の社会にもイジメは存在しています。大人のイジメともなると、それなりに作戦も込んで金銭もかけて何かと陰湿な手口が拡大しやすいですが、実は幼子のイジメは、大人のイジメ顔負けの陰湿さがあります。

陰湿なだけに、自分がいじめられていることを第三者に発表しづらい始末をつくります。勿論当人だけでなく、いじめられて掛かる幼子の友人などにもその作用は波及する。たとえば、「チクったらお前もいじめて引き上げるぞ」という情景を差し出すというのも、いじめる近隣の方法としては常套的だ。

しかも、今の時代は、ふとした交信でさえ慎重に行わなければならないくらいに、「接触」についてはデリケートな時代になってきています。つまり、小さな接触でも直ちに「暴力」とみなされますし、「セクハラ」とみなされる現代だ。幼子の社会であっても、今のイジメは「暴力」を振るわないケースもなかなかあります。つまり、簡単に犯罪におっしゃるようなイジメは止めるというところに、今のイジメの陰湿性が見えかくれする。

では、どんな手法でイジメを立ち向かうのかというと、イジメの対象となる特定の赤ん坊の持ち物を壊したり、盗んだりすることになります。やはりこれも最適犯罪ですが、いじめる近隣にとって都合が良い点は、「シラを切りとおすことができる」という項目だ。

暴力の場合、検討は非常に厳しくなりますが、持ち物が涸れるというケースでは、学園の教員からしても、「頭ごなしに憂うことはできない」という判断が邪魔をして、犯人を見つけ出せないまま、実質うやむやに向かうことが多いです。そこに風味を占めたイジメの首謀ヤツやその部下は、同じ振る舞いを増やすことになります。

結果的に、いじめられて掛かる者は、もうこの学園に伺う以上は、持ち物が涸れることを防ぎみたいがないと判断し、実質泣き寝入り始める以外にテクニックはなくなるのです。やはり婦警ではないとは言え、学園の教師の低能さが浮き彫りに達する典型案件であると、残念ながら言わなければならないでしょう。

そんなとき、探偵オフィスに選定を依頼する結果、ケースが収拾する可能性もあるのです。犯人が公になれば、場合によっては公判をもたらすこともでき、また、探偵への選定費用も届け出望める場合もありますので、持ち物が使い切るなどのイジメに耐える時折、探偵オフィスに相談するというのも一案ではあるでしょう。
藤田ニコル 脱毛